SOUVENIR

【ベトナムのお土産】VIFONのインスタントフォー「PHO THIT BO」がおすすめすぎる

ベトナムのVIFONのインスタントフォー「PHO THIT BO」のパッケージ
そんり
そんり
ベトナムのお土産においしいフォーを買って帰りたい!!

ベトナムの名物グルメ「フォー」を、自宅でも楽しんでみませんか?

自宅で気軽にベトナムの味を楽しめるインスタントフォー「PHO THIT BO」が高クオリティーすぎておすすめ!!

この記事では、ベトナムのお土産の定番、VIFONのインスタントフォー「PHO THIT BO」を実際に食べてみた感想と作り方についてまとめています。

ベトナムの有名なインスタント麺「PHO THIT BO」

ベトナムのスーパーに並ぶVIFONのインスタントフォー「PHO THIT BO」

ベトナムの現地スーパーに行き、インスタント麺を探していたところ目にしたのがこちら。「VIFONヴィフォン」というメーカーから出ているインスタントフォー!

調べてみると、ベトナムではかなり有名なメーカーのようで。しかもおいしいらしい!ベトナム滞在中、フォーにはまりすぎた私は絶対にフォーを買って帰りたかったので、即購入。

ベトナムのスーパーに並ぶVIFONのインスタントフォー「PHO THIT BO」

袋麺とカップ麺の2種類がありました。

袋麺のほうが「PHO BO」で、カップ麺のほうが「PHO THIT BO」と書かれています。なにか違いがあるのかな?と思ったのですが、調べてみたところどちらも「牛肉フォー」という意味らしいので、たぶん同じものなんだと思います(曖昧)。

今回はカップ麺の「PHO THIT BO」を購入!通常18800ドン(約95円)のところ、セールで17000ドン(約85円)でした。

あわせて読みたい
ベトナムのお金(ドン)
【ベトナム旅行】一番簡単なお金の計算方法!ベトナムドンから日本円にベトナム旅行の前に、必ず押さえておきたいのがベトナムのお金(ドン)の計算方法! ベトナムのお金は日本円よりもはるかに桁が大きく、ぱ...

 

袋麺の「PHO BO」は日本でも購入できるみたいですね。

VIFON ベトナム インスタントフォー 牛肉風味 10袋入り VIFON Pho Bo 10 goi 【アジアン、エスニック、ベトナム食材、ベトナム食品、食品、ベトナムフォー、チリソース】

created by Rinker

 

「PHO THIT BO」のパッケージと中身を公開

ベトナムのVIFONのインスタントフォー「PHO THIT BO」のパッケージ

帰国後、割とすぐにベトナムのフォーが恋しくなった私は、さっそく「PHO THIT BO」を食べてみることに。こちらがパッケージです。

ベトナムのVIFONのインスタントフォー「PHO THIT BO」のパッケージ

パッケージ全体を包んでいたビニールを剥がすと、

ベトナムのVIFONのインスタントフォー「PHO THIT BO」のパッケージ

脱皮。

ベトナムのVIFONのインスタントフォー「PHO THIT BO」のパッケージ

さらに脱皮。

ベトナムのVIFONのインスタントフォー「PHO THIT BO」のパッケージ

つるんつるんになってしまいました。笑 こういうタイプ、初めて見ました。

蓋を開け、中身を取り出してみます。

ベトナムのVIFONのインスタントフォー「PHO THIT BO」の中身

カップの底には麺が。

ベトナムのVIFONのインスタントフォー「PHO THIT BO」の中身

そしてその上に(左から順に)、ビーフパック、粉末スープ&かやく、チリソースが入っています。

ベトナムのVIFONのインスタントフォー「PHO THIT BO」の中身

プラスチックのフォークも付いていました。

ベトナムのVIFONのインスタントフォー「PHO THIT BO」のパッケージ
栄養成分表(1カップあたり120g)
エネルギー 229.7kcal〜364.9kcal
たんぱく質 6.2g〜11.5g
脂質 2.5g〜4.5g
炭水化物  45.6g〜69.6g

※保管方法:直射日光を避け、涼しく乾燥した場所にて

 

ベトナムのインスタント麺「PHO THIT BO」の作り方

ベトナムのVIFONのインスタントフォー「PHO THIT BO」のパッケージ

問題は作り方!ベトナム語が分からないから絵に頼るしかない…!と思っていたのですが(まあカップ麺なのでお湯を注げばいいんでしょうけど)、英語表記もありました。

そんり
そんり
作り方は簡単3ステップ!
  1. 粉末スープ&かやくを入れる
  2. お湯を注ぎ、蓋をして3分待つ
  3. ビーフパックを入れて混ぜたら完成

 

1.粉末スープ&かやくを入れる

ベトナムのVIFONのインスタントフォー「PHO THIT BO」の中身

まずは、粉末スープ&かやくを入れます。こちらの赤い小袋がそうですね。

ベトナムのVIFONのインスタントフォー「PHO THIT BO」の中身

かやくだけのように見えますが、

ベトナムのVIFONのインスタントフォー「PHO THIT BO」の中身

ちゃんと粉末スープも入っています。

説明書きのところの絵を見ると袋が2つ描かれていますが、これでいいみたいです。

 

2.お湯を注ぎ、蓋をして3分待つ

ベトナムのVIFONのインスタントフォー「PHO THIT BO」の中身

ここに熱湯を注いでいきます。

ベトナムのVIFONのインスタントフォー「PHO THIT BO」の中身

量は、カップの内側に表示されている線のところまで。

ベトナムのVIFONのインスタントフォー「PHO THIT BO」のパッケージ

しっかり蓋をして、3分待ちましょう。

 

3.ビーフパックを入れて混ぜたら完成

ベトナムのVIFONのインスタントフォー「PHO THIT BO」の中身

3分後。

蓋を開けると、なんだか優し〜いベトナムの匂いが!この時点でもけっこうおいしそうなんですけど、メインはここからなのでまだ我慢です。

ベトナムのVIFONのインスタントフォー「PHO THIT BO」の中身

「PHO THIT BO(牛肉フォー)」のメインである、ビーフパック(無地の銀色の一番大きな袋)の中身を投入!

パックを開けた瞬間、先ほどの優しいベトナムの匂いとは正反対の、ガツンとしたベトナムの匂いに襲われます(臭いわけではないんですけど、なんかちょっと独特)。

これ、大丈夫か…?と思い、一瞬入れるのを戸惑いましたが、

ベトナムのVIFONのインスタントフォー「PHO THIT BO」の中身

投入!

ベトナムのVIFONのインスタントフォー「PHO THIT BO」の中身

全体をしっかりと混ぜたら完成です。

ベトナムのVIFONのインスタントフォー「PHO THIT BO」の中身

説明書きには、食べる前にチリソース(銀色の小袋)も入れてよく混ぜろ的なことが書いてあるんですが、ベトナムのチリソースは日本のものより辛いらしくて。

そんり
そんり
味を見ながら入れるのがおすすめです!

 

インスタントフォー「PHO THIT BO」を食べてみた

ベトナムのVIFONのインスタントフォー「PHO THIT BO」の中身

麺はつるつるもちもち!

インスタント麺にしては、なかなかの高クオリティー。

フォーの麺にもいろんな種類があるみたいですが、個人的にはこういう平たい麺が好きなので「PHO THIT BO」の麺は好みでした。

ベトナムのVIFONのインスタントフォー「PHO THIT BO」の中身

それから、メインの牛肉!

インスタント麺あるあるの、よく分からない加工肉みたいなものを想像していたんですけど、ちゃんとしたお肉です。しかもおいしい。笑

固くもなく、むしろ柔らかくて、旨味もしっかりと感じられます。

v

スープはビーフパックのエキスで変色してしまっていますが、これがね、また意外とおいしいんですよ。笑 カレーの匂い?スパイスが効いていて、めちゃくちゃ食欲をそそります。

見ての通り油がすごいので飲み干しはしませんでしたが、スープも大満足でした!

 

個人評価

※私の個人的な評価になります。

4.0
価格 3.5
コスパ 4.0
リピート 5.0
おすすめ度(総合評価) 4.1
そんり
そんり
クオリティー高すぎなインスタント麺でした!!

 

まとめ

いかがでしたか?

ベトナムのお土産の定番、VIFONのインスタントフォー「PHO THIT BO」についてのレビューでした!

ベトナムのインスタント麺って初めて食べたんですが、こんなにクオリティーが高いとは思っていなかったのでびっくりしました。笑

もちろんインスタント感(化学調味料感)はありますが、普通においしい。自宅で気軽にベトナムの味を楽しめる商品ということで、おすすめしたいです!!

日本でも購入できるみたいなので、気になる方は試してみてくださいね!

VIFON ベトナム インスタントフォー 牛肉風味 10袋入り VIFON Pho Bo 10 goi 【アジアン、エスニック、ベトナム食材、ベトナム食品、食品、ベトナムフォー、チリソース】

created by Rinker

そんり
そんり
ベトナム行き格安航空券なら【エアトリ】 がおすすめ!
ABOUT ME
そんり
そんり
このブログの管理人。韓国在住のアラサー日本人です。日韓夫婦。福岡と韓国と東南アジアが大好き。夫婦で世界一周を計画中(コロナが落ち着いたら…)。