GOURMET

【竹富島ランチ】集落を望めるおしゃれカフェ「ハーヤナゴミカフェ」【メニューあり】

竹富島のハーヤナゴミカフェ

沖縄の八重山列島に属する離島「竹富島」。自転車に乗って半日もあれば一周することができるほどの小さな島で、石垣島を拠点に日帰り観光を楽しむことができます。

そんなこじんまりとした竹富島ですが、実は意外にもたくさんのランチスポットがあるんです。せっかく竹富島を訪れるのなら、ランチも楽しんでみてはいかがでしょうか?

この記事では、そのうちのひとつ、竹富島でのランチにおすすめなカフェ「ハーヤナゴミカフェ」についてご紹介します。

オッパ
オッパ
竹富集落を望める竹富島一番のおしゃれカフェです!
そんり
そんり
メニュー&料金もありますよ!

竹富集落の中心にある「ハーヤナゴミカフェ」

竹富島のハーヤナゴミカフェ

「ハーヤナゴミカフェ」は、竹富集落のど真ん中にあるこの建物の2階に位置しています。竹富港からだと徒歩15分、西桟橋からだと徒歩8分ほどでアクセス可能です。

竹富島のハーヤナゴミカフェ

外観だけ見ると、まずここにカフェがあるなんて分かりません。一応看板も出ているんですが、かなり控えめなので存在を知らない限り通り過ぎてしまうと思います。

竹富島のハーヤナゴミカフェ

ハーヤナゴミカフェの入口へと続く階段はこちら。

竹富島のハーヤナゴミカフェ

入口っぽくないこちらが入口です。

 

竹富島「ハーヤナゴミカフェ」のおしゃれな店内

竹富島のハーヤナゴミカフェ

「ハーヤナゴミカフェ」の店内の様子です。赤と白でシンプルに統一されています。飾りっ気のないコンクリートの建物からは想像もできないようなおしゃれ空間です。

竹富島のハーヤナゴミカフェ

カウンター席が2席ありました。物がたくさん置かれていてあまり機能している感じはしませんでしたが…、お一人様も歓迎なようです。

4人掛けのテーブル席が4つ。店内の広さに対してテーブル数が少ないので、ゆったりと座ることができます。

竹富島のハーヤナゴミカフェ

それから、ハーヤナゴミカフェの特等席!窓側の2人掛けカウンター席が2つ。

竹富島のハーヤナゴミカフェ
そんり
そんり
座れた!!
竹富島のハーヤナゴミカフェ

なんとお座敷もありました。笑

この空間に!?という感じでしたが、子連れの場合にはありがたいですよね。

沖縄らしい貝殻のインテリア。

この写真の左側にも、2人掛けのカウンター席が見えますね。

竹富島のハーヤナゴミカフェ

床には真っ白な珊瑚が敷かれています。素敵!!

そんり
そんり
ちょっと歩きづらくて足ひねっちゃったんですけどね。
オッパ
オッパ
足元お気をつけください。

 

「ハーヤナゴミカフェ」から望める竹富集落

竹富島のハーヤナゴミカフェ

「ハーヤナゴミカフェ」の窓際カウンターからは、竹富集落を眺めることができます。

竹富島のハーヤナゴミカフェ
そんり
そんり
竹富島らしい最高の眺め!!
竹富島のハーヤナゴミカフェ

タイミングがよければ、竹富集落を巡る水牛車の姿を見ることもできます。

竹富島のハーヤナゴミカフェ

老朽化のため閉鎖されてしまった展望台「なごみの塔」のすぐそばです。高さは違いますが、ほぼ同じ角度から竹富集落を眺めることができますよ!

 

竹富島「ハーヤナゴミカフェ」のメニュー

フードメニュー
八重山そば 600円
八重山そばカフェー味 850円
季節の島野菜カレー 850円
タコライス 850円(卵 +50円)
豆腐ハンバーグ 850円
※ドリンクセット +200円
※てーどぅんスイーツ +300円
スイーツメニュー
紅芋アイスパフェ 650円
さとうきびアイスパフェ 650円
マンゴーアイスパフェ 700円
スイーツセット(ドリンク付き)メニュー
てーどぅんスイーツ 700円
本日のケーキ 700円

※てーどぅんスイーツ=さたくんこう(サーターアンダギー)&さみ餅

ドリンクメニュー
コーヒー 400円
紅茶 400円
コーラ 400円 
シークワーサー 400円
パイナップル 400円 
ハイビスカスティー 400円
マンゴー 400円
グァバ 400円
☆パッションフルーツ 500円
☆クリームソーダ 600円

※「☆」付きのドリンクはセットドリンク除外

氷メニュー
400円
檸檬 400円
黒糖ミルク 500円 
泡盛 500円
ぜんざい 500円 
ミルクぜんざい 550円
黒糖ミルクぜんざい 600円
抹茶 400円
マンゴー 400円
エメラルドパイン 400円
パパイヤ 600円
※ミルクがけ +50円
一品メニュー
もずく 500円
島らっきょう 500円
アロエぽん酢がけ 500円 
チーズ揚げ 700円
八重山かまぼこ 500円 
ポテトフライ 500円
スパイシーソーセージ 500円
チキンから揚げ 600円
チキン軟骨から揚げ 500円
枝豆 400円
アルコールメニュー(オリオンDraft 生ビール)
ジョッキ 500円
レディース 450円
グァバBeer  600円 
シークワーサーBeer 600円
マンゴーBeer  600円 
パイナップルBeer 600円
パッションフルーツBeer 700円
アルコールメニュー
ハイボール 500円
黒糖焼酎 500円
ハーブ入りハブ酒  600円 
自家製グァバ酒 600円
※ソーダ割り  +100円 
オッパ
オッパ
一品メニューやアルコールメニューも充実しているので、お酒を飲みたいときにもおすすめです。

 

「ハーヤナゴミカフェ」のランチが絶品だった!

竹富島のハーヤナゴミカフェ

それでは、肝心の「ハーヤナゴミカフェ」でのランチの様子を…。

竹富島のハーヤナゴミカフェ

お冷のグラスがかわいかったです(販売されてました)。

竹富島のハーヤナゴミカフェ

まずは「グァバジュース」(400円)と「オリオンビール中ジョッキ」(500円)で乾杯〜!

グァバジュースは、セット割引で200円になりました。

竹富島のハーヤナゴミカフェ

こちらは「タコライス」(850円)。50円追加して卵をプラスしました。

タコライスといえば、沖縄のB級グルメの代表格!沖縄に来といて食べないわけにはいかないですよね。

竹富島のハーヤナゴミカフェ

写真映えも◎。

ほんのり甘みも感じられるスパイシーなミンチに、チーズ、野菜、ごはんがよく合います。フレッシュなトマトがさっぱり感をプラスしてくれておいしい…!

卵も追加して正解でした。

竹富島のハーヤナゴミカフェ

こちらは「季節の島野菜カレー」(850円)。

ハーヤナゴミカフェで一番人気なメニューなんじゃないかな?口コミやブログを見ていてもよく見かけます。

竹富島のハーヤナゴミカフェ

島野菜がごろごろと入っていて食べ応え抜群。甘口よりの中辛で、スパイシーなカレーが苦手という人にとっても食べやすいと思います。

季節によって内容が変わるようなのですが、私たちが頂いたのはピーマンやナスが入った夏野菜カレーでした。ほかの季節のものは分かりませんが…、夏野菜カレーはおすすめです!

竹富島のハーヤナゴミカフェ

あ、カレーにはサラダと福神漬けも付いてましたよ。

竹富島のハーヤナゴミカフェ 竹富島のハーヤナゴミカフェ

景色よし、雰囲気よし、味もよし!

また竹富島を訪れることがあれば、絶対にリピートしようと思ってます。

 

個人評価

※私の個人的な評価になります。

立地 4.0
4.5
価格 3.5
コスパ 3.5
接客 2.0
雰囲気 4.0
居心地 4.0
リピート 4.0
おすすめ度(総合評価) 3.7
そんり
そんり
接客がちょっと残念でしたが…、竹富島にある飲食店の中では一番のおいしさと居心地のよさでした!

店員さんがものすごく無愛想です。笑

 

店舗情報

店名 HaaYa nagomi-cafe(ハーヤナゴミカフェ)
住所 沖縄県八重山郡竹富町竹富379 2F
電話番号 0980-85-2253
予約
営業時間 11:00-17:00  / 19:00-22:00
休業日 不定休
アクセス 竹富港から徒歩15分、西桟橋から徒歩8分
駐車場・駐輪場 駐輪場あり
カード決済 不可
客席 カウンター席、テーブル席、お座敷
トイレ あり
子連れ OK
喫煙 全面可

※店舗情報は記事公開時の情報です。変更されている場合があります。

 

まとめ

いかがでしたか?

竹富島でランチを楽しめるおしゃれカフェ「ハーヤナゴミカフェ」をご紹介しました。

間違いなく竹富島で一番おしゃれで、竹富島らしい最高の眺めを楽しむことのできるカフェです。雰囲気もよくて料理もおいしくて(接客だけ目をつぶれば)本気でおすすめ!

竹富島でのランチに、ぜひ利用してみてくださいね。

あわせて読みたい
【竹富島ランチ】島料理を楽しめるおすすめのお食事処&カフェまとめ【子連れOK】沖縄の八重山列島に属する離島「竹富島」。自転車に乗って半日もあれば一周することができるほどの小さな島で、石垣島を拠点に日帰り観光を楽しむ...
そんり
そんり
新石垣空港行きの航空券の予約はこちらから!
あわせて読みたい
竹富島の水牛
【石垣港離島ターミナル】石垣島〜竹富島のフェリーの料金と時刻表【2018-2019】竹富島に行くためには、石垣島にある「石垣港離島ターミナル」からフェリーに乗らなければなりません。 この記事では、石垣港離島ターミナ...
ABOUT ME
そんり
そんり
このブログの管理人。韓国在住のアラサー日本人です。日韓夫婦。福岡と韓国と東南アジアが大好き。夫婦で世界一周を計画中(コロナが落ち着いたら…)。